FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新築戸建を購入する! 自由なリフォームが戸建の最大のメリット & 新築マンション 西新井の紹介



新築戸建を購入する!月日と共に新築戸建をどう変えていくのか。



◆家族を育てる家。
新築戸建を購入した当初の家族構成と、数十年経過した時の家族構成は大きく異なることが多い。特に若い夫婦が戸建を購入する場合には、子どもが生まれ、更にその子どもが独立して巣立っていく、という形で、その後の家族構成が大きく変わる可能性が非常に高い。更に、自らの夫婦が老化していくことも、念頭に家を作りかえる必要があるのである。そのように、家族のライフスタイルの変化と共に、家のレイアウトもかえる必要がある。その際にはリフォームといった、比較的大規模な修繕も必要となってくるのである。若い家族の場合、以下のようなイベントが通過点として考えられる。

・子どもが生まれ、家族が増える。
・子どもが学校に上がり、思春期、青年期と自分の部屋を欲しがる。
・子どもが独立し、今まで占有していたスペースが不要となる。
・高齢化に伴って様々な生活に支障が生じてくる。

このようなタイミングで、模様替えや内装・間取りの変更といった、家のリフォームが必要となってくる。このように社会的にも肉体的にも様々な変化が生じた時に、快適な生活をするためには、やはりある程度のリフォームが必要となる。リフォームなどを通して家族の状態に適した家を演出できるのは、やはりマンションよりも戸建の方が大きく、これも戸建の魅力と言える。

【新築マンション 西新井】 東武伊勢崎線 西新井で探す女性のための新築分譲マンション検索(1ページ目):BIGLOBE Kirei Style


この記事が役に立ちましたら、お持ちのホームページやブログに当ページへのリンクを張ってもらえませんでしょうか。どんなリンクでも私たちの役に立ちます。

新築戸建の購入のポイント:暮らしやすい環境作りのアイデアについて。




◆自由なリフォームが戸建の最大のメリット。
新築戸建を購入したら、いつまでもその美しい状態を保っておきたい。建物は月日が経過すると共にメンテナンスが必要であるが、暮らしやすい環境作り、家族のライフスタイルの変化という理由からリフォームを行うことがある。今回はリフォームについて考えてみたい。以下のような成約はあるが、それでもマンションよりも成約が少なく、自分専用の空間を所有でき、自由に作りかえることができるのが戸建の最大のメリットである。

・建ぺい率。
・容積率。
・日照。
・隣接との空き。

一方でマンションには共有部分がかなりを占めており、自由にリフォームできないことも多い。建物の設計強度や耐震性能に支障が無い限りは、かなり自由度を高く、間取りの変更や増改築をすることができる。実際に、低い天井を高くしたり、小さい窓を大きい窓に変えるだけで室内のイメージが大きく変わるのである。

【旭川 マンション 中古】 旭川市の物件一覧(1ページ目) | ホームズの中古マンション購入:http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/buy/um/all/area/1/01204
中古マンション:時を経たからこその魅力、管理組合に実績があることも大きなポイント

スポンサーサイト

新築戸建の購入のポイント:高断熱・高気密住宅について & 新築 京都市の紹介



新築戸建の購入のポイント:戸建住宅のメンテナンスについて。



◆建築物件のメンテナンス期間の目安について。
戸建物件を購入して、その後生活をしていく上でどのような費用がかかるのであろうか。今回は住宅の各部分のメンテナンス期間について、どのような目安でいたらいいのか考えてみたい。建物のメンテナンスは小まめに行うことが大切であるが、その建物の立地環境によっても、別途考慮しないといけないものも多い。
意外と手間のかかる建物のメンテナンスであるが、一般的には以下のような目安でメンテナンス期間を考えておくと良い。

・屋根:4~5年毎に点検をする。張替えは10~15年をめど。
・雨樋:3年毎に点検、7~8年をめど。
・外壁:3年ごとに点検、10年をめどに塗り替え。
・建具:2~3年ごとに点検、20年をめどに交換

また、基本的に随時点検が必要なものは、以下がある。
・給排水管:15年をめどに交換。
・ガス給湯器:10年をめどに交換。
・ガス菅:15年をめどに交換。
・床材、壁材:15年で張替え。

建築物についても、人間の健康と同じで早期発見・早期治療が寿命を延ばすコツといえる。小まめに手入れをしておく分だけ、長く使えるのである。

【新築 京都市】 京都市中京区で探す女性のための新築分譲マンション検索(1ページ目):BIGLOBE Kirei Style


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


新築戸建の購入のコツ、最近流行りの住まいについて。
◆高断熱・高気密住宅について。
新築戸建を購入する人のライフスタイルが年々進化すると共に、住宅の建築技術や設備の機能なども高度化してきている。一昔前まで、高機能とされていた住宅も、今では標準機能となっていることも多い。今回は、高断熱・高気密住宅について考えてみたい。省エネ住宅が話題になると、セットで高断熱・高気密住宅の話も付いてくることが多い。省エネ住宅としては、高断熱、高気密であることが必須の条件となりつつある。高断熱、高気密である上に、計画換気が施され冷暖房を行う住居が省エネ住宅としては好ましい。
今では、日本全国で一般的となっているが、元々高断熱・高気密住宅というのは、寒さのき美しい地域が発祥とされている。更に細かくみていくと、断熱の方式には2通りがある、外断熱と内断熱がある。今までは、内断熱が主流であったが、最近では断熱性のよさから、外断熱の人気が出てきている。外断熱とは、家全体を断熱材でくるむことで、気密性を増し、室温を一定状態に保つための工法である。この工法は、今までは施工できる業者が少なかったために比較的高価な工法であったが、最近では一般的となっている。
外断熱の場合には、より高気密となるために、隙間をなくし温かい空気(冬場)や冷たい空気(夏場)を逃さないのが特徴となる。しかし、この高気密には注意点がある。空気の滞留が十分に行われない場合があることである。



換気が一定以上行われれず、酸欠になったり、ハウスダスト、シックハウスの問題が出たりする場合もあるので、計画換気を考慮した住宅設計であることが大切と言える。計画換気を施した建物の場合、暖気や冷機を逃さないで、新しい空気と汚れた空気を交換できるのが特徴となっている。

【三重 中古 マンション】 三重の物件一覧(1ページ目) | ホームズの中古マンション購入
かつては新築と中古マンションの価格差は2~3割程度であったが最近は新築の半額近くで手に入る物件も多い


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

マンション購入、大手の会社なら安心と言えるか?


大手の会社なら安心と言えるか。
マンションを買う場合、税金や融資制度、販売会社のネームバリューや間取りの特徴なども研究しておいた方がよい。
特に、資金となる税金や融資制度は、お客の方も勉強をしておく必要がある。
しかし、これらの専門知識は内容が煩雑であることが多い。

また、販売会社の良し悪しについては、会社の経営規模の大きさやネームバリューで決める場合も多い。
最近の大手企業の一括システムは、以下の工程を一つの会社で実施する場合が多い。

・マンション建設用地の取得。
・建設プランや設計図の作成。
・建設工事、販売。

一つの会社でなくても、同じ系列での会社で行っている場合が多い。
このような作業は、中小の建築会社とは違い事業計画に余裕がある場合が多い。

一方、中小のマンション建築・販売業者の場合、全ての工程を分割して事業を行う。
大企業も建設や販売コストを押さえることができない場合も多い。
一般的には、大企業の方が販売価格が安い場合が多い。
また、建築現場で問題が生じても、同じ企業内での対応ができるので、フォローが早いというケースも多いのがメリットと言える。

一般的には、設計・施工・監理を一括で行っている大手のマンション業者の方が安心なケースが多いが、それでも注意点はある。
どんな大手の分譲マンションでもトラブルは起こりえるのである。
マンションにかぎらず欠陥住宅は施工時の監理に問題があるといわれている。
監理とはお目付け役。
設計にミスがないか、施工がきちんと行われているか、を常に監督する立場にある。
もし、施工ミスを発見した場合には、通常は工事責任者に不具合箇所を指摘した後に、やり直しを指示する。
現場がその指示に従わない場合には、法的な措置を取る義務があるのが監理の立場である。
現実問題として、トラブルが発生する物件は、そのようなキチンとした監理がされていないケースが多い。
設計・施工・監理を一括して行うと危険な場合もある。

基本的には、施工の間違いは監理がチェックしていき、問題が見つかれば、指摘の後にやり直しをしないといけない。
しかし、その分工期や部材のコストも余計に発生する。
経費が余計にかかることは企業にとっては損失となる、できれば企業としては避けたいことである。
自社の損失となるとわかっていても、あえてやり直しを行う業者こそが、社会的な信用のある会社と言えるが、現実問題としては、全てがそのような企業だけではない。
多くの企業では、ずさんな監理体制を取っているところが多いようだ、そのためにトラブルも多くなる。
やはり最後はお客自分の目で確認することが重要、「自分のマンションを厳しくチェックする」という強い信念をもつことが肝心とも言える。

【静岡 中古一戸建て】 静岡の物件一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


販売センターで見ること・聞くこと。
販売センターに入った瞬間から、様々なチェックを開始する。

販売センター全体のつくりなども重要であるが、まずは、営業マンの接し方、スリッパの並べ方や接客の仕方などのソフト面をチェックする。
次に物件の確認、若い世帯向けのマンションでは、子どもが遊ぶことのできるキッズスペースがあるかどうかを確認する。

マンションでモデルルームで沢山確認できる。
マンションの構造や地盤、周辺環境、学校や病院、ショッピングセンターまでの距離、入居者の年齢層等の重要な情報の確認、他にも、駐車場や駐輪場、ゴミ置き場の場所や広さ、人の動線と車の動線が重なっていないか、も確認しておく。
周辺環境については、建設地の近隣にて駐車場や広い空き地があるかどうかを確認し、もしある場合には、今後の建築計画をチェックする。
できるだけ、販売センターやモデルルームで確認できることは確認しておく、入手できる資料もできるだけ入手しておくのがよい。
戸建やマンションの敷地がかつて沼、川、田んぼだったら警戒

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

マンション・戸建の基礎部分に不具合・・・本当に瑕疵かどうかは、自費で専門家に依頼して鑑定が必要な場合が多い


マンションは理想の住宅?
立地面から見たマンション購入のメリットとして、駅前や繁華街など利便性の高い場所に住居をもてることがある。
「理想は土地付き戸建て住宅」という人でも、実際の生活の利便性を考えると、できれば通勤通学のために駅や商店街が徒歩圏にあるアクセスの良い場所という条件が追加される。
この条件での戸建て住宅はかなり好立地といえる。
金銭的なことも含めてかなりハードルが高い。

それを可能にするのがマンション購入である。
都心部や駅前でも手頃な価格で販売される分譲マンションもある。
更に小さい子どものいる世帯やひとり暮しの女性、高齢者でも安心して生活できるような防犯設備や警備システムを取り入れセキュリティもしっかり考慮されている。
好立地ゆえの治安面での不安もある程度解消されているといえる。

好立地で付加価値の高いマンションこそ多くの人の理想に近い住居といえそうである。
実際に、このような付加価値が標準仕様となっているマンションは購入希望者が多く、販売開始と同時に完売となっている。
賃料相場の割に分譲価格が低いエリア = 月島、東日本橋、新富町、水天宮前、勝どき・・・など

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


瑕疵の判断基準はどうなっているの?。
「今までの住宅業界には類を見ないユーザー保護の法律」といわれて「品質確保促進法」が登場した。

住宅の新築時の引き渡し(完成)から10年の間に基本構造部に欠陥が見つかった場合、暇庇(建物の欠陥)として、買い主は無償補修や賠償を請求することができる、という法律となる。
また建て売り住宅の場合には、基本構造部に欠陥が発見されると、契約を破棄(解除)することもできる。
大手住宅メーカーでは、保証期間をさらに10年延長した20年保証をするものもある。

「品質確保促進法」の中身は、本当に安心できるものかは十分吟味しておきたい。
まず瑕疵となる範囲であるが、建物の構造的に重要な部位と、雨漏りに関する部位のみとなる。
それ以外の設備的なトラブルは対象外である。
そして現実問題として、住宅の基礎部分に不具合が見つかっても、本当に瑕疵かどうかは、自費で専門家に依頼して鑑定が必要な場合が多い。
欠陥と疑わし機き部分について、建築基準法に沿って「傾斜、欠損、亀裂等」の程度にて3段階のランクに分類をした後に、詳細な調査をしてから判断されるという長い手順が発生する。

【一戸建て 郡山市】 郡山市の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

マイホーム取得の諸費用、マンションの場合は本体価格の5~10%程度、一戸建て住宅の場合は15~20%程度となる。


誰にとって「良い営業マン」かを見抜くこと。
いい物件に出会えること、まずはよい営業マンに出会えることと言える。
一般的に、お客さんにとって「よい営業マン」とは、いつも笑顔で弁舌さわやか、こちらの話を面倒くさがらずに聞いてくれる人という印象があるのではないか。
一方で、企業にとっての「よい営業マン」とは、販売実績や売上成績の高い人となる。

つまり、どの営業マンでも、お客さん向けと企業向けの両方の顔を持っていることを意識するのが重要。
これは、マンション販売に限ったことではない。
営業職のサラリーマンはみな、企業の商品やサービスを売るプロである。
マンションという、一生に一度の買い物をする場合には、売りのプロである営業マンに対して、買いのプロして、事前に知識などを備えておき、売りのプロを選別するくらいの意気込みが必要である。
以下のような営業マンは、さっさと交代をしてもらった方がよい。

・都合のよい話場なりする。
・専門的な質問に回答できない。
・他社の悪口を言う。
・早く契約をせまる。


営業マンと会話をするのは、長くても数時間程度、その営業マンがどんなにさわやかで、好印象でも、その笑顔と応対のよさで、購入するマンションのオプションが増えるわけではない。
人柄よりも物件の質が重要なことを十分に見極めるのが大切。

営業マンはたしかに売りのプロであるが、建築の専門家ではない。
そのために、建築のことをあまり知らない人もいるのは確か。
広告やパンフレットの体裁では「健康住宅設備を取り入れたマンション」などと謳っていても、詳しい内容を営業マンに聞いても答えられないなど、詳しい説明を別の資料をみてくださいと逃げてしまう営業マンなどは、珍しくはない。
また、お客が聞いていない内容を、いつまでも説明する人や、プライバシーに関する内容に入り込んでくる営業マンなどもパスをした方がよい。
特にプライバシーに関する収入などの質問から家族構成などを聞きだされ、言葉たくみに詰め寄られて、いつの間にか契約書にサインをしてしまうケースもあるので注意。
そのためにも、営業マンのペースに巻き込まれないことが大切。

そのような「よくない営業マン」をどのように見分ければよいのか。
まずは誠意があることが大切である。
お客の質問に対して、時間がかかっても、きちんと調べて回答をするような営業マンは好ましいといえる。
他にも、購入予定のマンションの問題点がわかっていて、その内容を包み隠さずに話す、更に現実的な対処法も知っている。
また、モデルルームにて、その営業マンの他人への対応状況も確認しておくのがよい。
同じ質問をする場合もあるので、そのような大切な内容は必ずメモしておくのがよい。
もちろん、そのマンションのメリットとデメリットをきちんと説明できる、等の営業マンとしての、当たり前なことをきちんとこなする人がよい営業マンと言える。
そのような、お客が知りたいことに、手間と労力を惜しまない担当者を一人見つけることが大切。
そのためにも、お客として質問のプロになっている必要もある。
事前に気になるポイントのリストを作っておくくらいの下準備はしておいた方がよい。
もし担当者が質問に回答きない場合には、できれば専門職の人と会って話ができるようにリクエストをするのもよい。
また、こちらがした質問についても回答について、大切な内容と思った場合には、書面でもらう、または書面で残しておくのがよい。

また最後に注意点として、むやみにアンケートに答えることは避けるのがよい。
アンケートから家族構成などの個人情報を転売される可能性もあるためである。
中古マンションの購入選びに迷っている方への物件情報

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


新築でも中古でも、マイホーム取得には諸費用が必要。
不動産物件の中には「頭金0円」というコピーの広告や情報誌を出するものがある。
たとえ頭金は0円でも、マイホーム取得のための諸費用は分譲マンションでも一戸建て住宅でも発生する。
諸費用とは、本体価格以外の費用ととらえてよいが、以下のようなものがある。

・不動産契約書の印紙代。
・不動産取得税、登録免許税。
・登記手数料(司法書士や土地家屋調査士への報酬)。
・消費税、固定資産税、都市計画税。
・住宅ローン契約書印紙代、ローン事務手数料。
・抵当権設定登記費用。
・団体信用生命保険料、火災保険料、地震保険料。

更に、不動産業者から購入する物件については、不動産仲介手数料なども必要。
マンションの場合には、以下も追加となる。

・長期修繕計面に基づいた一時預かり金(負担金)。
・冷暖房設備費、インテリア関連費用(照明、カーテン等)。

一戸建ての場合には、以下のように様々な別途費用が必要になる場合もある。

・ガス加入権、水道負担金。
・造園工事費、地鎮祭費用、上棟式費用など。

更に、、諸経費として。

完成祝いや引っ越し代、仮住まいが必要な場合はその家賃も必要。
目安としては、この諸費用の平均的な考え方は、マンションの場合は本体価格の5~10%程度。
一戸建て住宅の場合は15~20%程度となる。
新築物件の中には、これら諸費用の全額も提携銀行の特別ローンに含めているものもあるが、基本的には頭金とは別に諸費用分を用意しておくのが一般的。
一戸建て 代々木上原(http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/buy/uh/corner-lot/eki/13/873/87304991)
中古マンションから賃貸マンションへ

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
プロフィール

yseonun

Author:yseonun
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。