FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手不動産店がいいか、駅前不動産店がいいか & 千葉にある中古一戸建ての情報

大手不動産店がいいか、駅前不動産店がいいか。


アパート・マンション探しに成功するカギは、やはりマンパワーである。誠意のある仕事をする不動産業者と出会うことが一番の近道である。誠意がある不動産業者の定義は、以下があると思われる。


①友人・知人の評判がいい。
②どの物件も公平に扱い、仕事をマニュアル化する。
③店頭・店内の掲示物が整理整頓されている。
④接客の仕方がぞんざいでなく、顧客の立場に立って親切に答えてくれる。
⑤自社の情報誌だけで物件を勧めない、他の物件も紹介する。
⑥オーナーに対して主導権をにぎっていて、リフォームや修理をきちんと行なっている。
⑦店内がオープンで、明るい雰囲気がある。

大手でも小規模の駅前不動産店でも、いい物件がそろっていそうなら、これらのチェックをすると良い。大手不動産店としては、沿線にいい物件が多いなどのメリットがある。当然のような顔で礼金を取ったり手数料を取ったりする業者は避けるのが良い。
マンションチェックの視点 と 最上階について

小規模の不動産店としては、地元密着型で、狭いエリアの物件を紹介してくれるなど、密度の高いサービスを買うつもりで接してくれる店が良い。新築物件だけでなく掘り出し物の中古物件も扱っているし、何よりも信用を大事にして誠意のある対応をしてくれる場合が多い。店によっては、時代に乗り遅れ気味であったり、守備範囲がせいぜい隣駅までという場合があるので注意。
この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)



浴室は13・17で充分。


マンションの浴室は、99%以上がユニットパス。

図面やパンフレットに書かれている「22・17」とか「14・18」というのは浴室の内法寸法のこと。浴室として使える有効寸法が1.3m×1.7mの場合「13・17」となる。体感できる寸法で広さが表記されている。
昔は12・16が主流だったが相当に狭い。最低でも13・17、14・18は欲しい、普通の人が座って脚が伸ばせるサイズ。
逆に広いと、浴室乾燥暖房機を使用するランニングコストが高くつく。16・20となると浴槽が広い分、水道代や光熱費が高くつく。眺望風呂を謳って大きい窓にする浴室は、熱効率が悪い。ガラスは断熱性が悪いから、冬場は寒く、湯気でガラスが曇る。

【千葉 中古一戸建て】 千葉の一覧角地一戸建て特集|(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

スポンサーサイト
プロフィール

yseonun

Author:yseonun
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。