FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墓地の隣のマンションは人気が無いが、穴場物件である!


モデルルームに行く前に、パンフレットを取り寄せておくことがよい。
マンション・戸建を購入する際、めぼしい物件のあたりが付きそうな段階で、モデルルームにいくことになる。
その際には、パンフレットを取り寄せておくとよい。
取り寄せて事前に情報をもっておくことで、中身の濃い見学ができるようになる。
更に、事前に質問をすることができる。


新居で使用する予定の大型家具や電化製品のサイズを事前に調べておくのがよい。
モデルルームには、広くみせるために、最小限の家具しか置いていない場合が多い。
また家具自体も一回り小さめになっていることが多い。
モデルルームに行くと、広く感じるのは、そのためである。
そのような錯覚に惑わされないためにも、自分が配置予定の家具については、事前に寸法測っておくことが望ましい。

モデルルームに携帯した方がよいものとして、源泉徴収票などの年収がわかるものを持っていく。
初回のモデルルーム訪問時に、資金計画まで相談することは稀である。
しかし、もし資金相談の話になった際に正確な金額で計算をすることができる。

現地モデルルームと仮説モデルルームには2種類がある。
マンション内部の1室を使用するパターンで「現地モデルルーム」と呼ばれる。
仮説モデルルームは、実際のマンションが建築中のために、現地とは別の場所に提供される「仮説モデルルーム」がある。
現地モデルルームは、建物が既に完成するか完成に近い状態にある場合に提供される。
建物全体の雰囲気や共用部分、採光、隣地の建築物との距離、周辺環境などがチェックできる。

一方、販売センターと仮説モデルルームは、現地とは別の場所に設置される。
そのため実際の隣地状況などをチェックすることができない。
必ず建設地へ行って、近隣の環境や最寄りの交通手段からのアクセス方法などを確認しておく必要がある。
たとえモデルルームがある場合でも、時間、曜日、天候により道路状況や周辺環境は変化するので、ある程度物件の的を絞ったときには何回も通い、確認することが重要。
マンション購入、チラシの間取りにはこれだけ騙される!!

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


お墓の隣は文句なし物件。
墓地の隣のマンションは人気が無いが、穴場物件である。
墓地を宅地に変えることは少ないために、墓地の隣なら高い建物が建つ可能性が低い。
つまり日当たりが保証されていると言える。
また騒音の心配も少ない。


欠点は、春と秋のお彼岸やお盆の時期は人が多く騒がしいことである。
東南向きで日当たり良好のリビングのはずが、購入後まもなく目の前に別のマンション建設がはじまったら泣くに泣けない。
そのようなことが無いように事前に、隣接地にマンションや高層ビルの建設予定がないか確認するのがよい。
もしある場合には、どの時間に日陰になるのか、等の日照についてのシミュレートを営業マンにしてもらうのがよい。
購入当初は戸建て住宅ばかりでも、ひとつマンションが建ったとたんに軒並みマンションが建つということもありえる。
そうならないためにも、用途地域を調べて、隣接地域に高層マンションが建つ可能性を確認しておくのがよい。

新築マンションの人気のある条件として、「幼稚間や学校の近くは通学によい」とか「駅や商店街の近くは買い物に便利で住みやすい」というのがある。
しかし、幼稚園や保育園、学校が目の前にあると、休み時間などは騒がしくなる。
高齢者や病弱な家族がいたり、勤務時間が不規則で日中寝ることがある家庭の場合には注意が必要。

また、商店街に近い近隣商業地区や店舗付きマンションもチェックして置いたほうがよい点がある。
商店が近くにあるということは、それだけ不特定多数の人の出入りがある、物騒であるということ。
セキュリティが万全か確認が必要。
オートロックといっても、住人の出入りに合わせれば、誰でも出入りできるので万全ではない。
店舗付きマンションの場合には、店舗エリアと住居エリアのエレベーターが分離されていることは大前提、それでも十分ではない。

また、飲食店が入っている場合は、衛生面や匂いの心配もしておいた方がよい。
更にスーパーが入っているような場合は、時間帯にて納品トラックと駐車の騒音の問題もある。

【一戸建て購入】 ホームズの中古一戸建て購入:BIGLOBE Kirei Style


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yseonun

Author:yseonun
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。