FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターフロントの超高層マンション、地震で地盤沈下するのは本体でなく周辺の地面! & リノベーションのマンションの物件を紹介


軟弱地盤のマンションに注意。
最近は、都心部のウォーターフロント(埋め立て地)に超高層マンションが次々に建設される。
埋立地は軟弱基盤と言われる、そのような基盤に建つマンションは基本的には、最新の建築技術が導入され、地震などの災害でも、液状化現象になったり地盤沈下になったりしない対策が取られている。
支持層に打ち込んだバイルで建物の本体を支えることで、建物が地震や地盤沈下の影響を受けることを防いでいるからである。

このようなしっかりと建築をされたマンションは、建物内部に居る限りでは安心と言える。
しかしこのようなマンションでの一番の問題点は、建物外部にある。
建物そのものよりも、周辺の状況、特に道路や隣接地の地盤沈下の影響を受けるからである。
特に大きな災害が無い場合でも、埋め立て地などの軟弱地盤では年月が経つとともに地盤が下がることがある。
道路などが不同に沈下することで、建物の入り口と地面の間に大きな段差を生じさせることもある。
更に地盤のズレにて、電気や水道などのライフラインも寸断されることがある。
このような埋立地周辺のマンションを購入する場合には、周辺地域の地盤の変化に注意してチェックすることが重要と言える。

地盤沈下が危槙される土地かどうかをチェックしてみる。

・周辺道路の路面形状を観察してみる、マンション周辺の道路にて、大きなワダチやうねりがないか、また陥没やアスファルトの修正箇所が多くある場合には要注意。

・大きな歩道や遊歩道にて、歩道に敷き詰められたタイルが、うねったり大きな亀裂やひび割れが発生する場合には注意。

・近隣に建つ戸建て住宅の壁面にひび割れが多くないか、家は傾いていないかを簡単に確認する。

実際の現場確認以外にも、販売会社から地盤調査報告書のコピーや標本を借り受けることもしておきたい。
また、コスト的に余裕がある場合には、販売会社と関係のない地盤調査会社や設計事務所で評価してもらうのもよい。
また、傾斜地や崖に建つマンションにも注意をする必要がある。
一般的に、観光地や景勝地などには、断崖絶壁のきわどい敷地に建つマンションがある。
このような物件は、通常の建築費(販売価格)よりもかなり割高になっている場合が多い。
理由は、しっかりとした地盤に整備するためにコストをかけているからである。

しかし、一部の悪い建築会社の場合には、設計会社の指摘を無視して手抜きを行い欠陥マンションを作ることもある。このようなトラブルを防ぐには、こうした 隣接地に大きな傾斜や断崖のあるマンションを購入しないことである。

【リノベーション マンション 物件】ホームズの中古マンション購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


マンションは、コミュニティ。
マンションはひとつの建物の中に、親族でも友人でもない人々が集合住宅という形で集まり共同生活をするコミュニティと言える。


マンションというコミュニティの中でトラブルなく生活していくためには、購入者全員で管理組合を組織・運営し、管理規約を作成して、入居者全員がこれを守るというのが大切。
建物の行動的な話をすると、戸建て住宅と根本的に違うポイントとなる。
マンションの住戸部分は専有部分と呼ばれ、プライバシーがしっかり保護されている。
それ以外の部分は共用部分となる。

専有部分から廊下ヘ出れば、その先はパブリック・スペース(共有部分)、更に面白いことに、玄関ドアの外側やベランダ、天井の上や床下のスラブも共有部分となる。
この共有部分はリフォームなどの変更は購入者自身が行ってはいけない。
特に注意したいのは、ベランダや玄関ドアなどの共有部分である、全て管理組合の許可が必要となる。
改修したい場合に管理組合の許可が必要となる等のわずらわしさがあるが、言い換えると建物のメンテナンスに手間がかからないということである。
それもマンションならではの一つの魅力と言える。
人気マンションの注意点、メゾネットタイプの魅力

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yseonun

Author:yseonun
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。