FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンション購入、大手の会社なら安心と言えるか?


大手の会社なら安心と言えるか。
マンションを買う場合、税金や融資制度、販売会社のネームバリューや間取りの特徴なども研究しておいた方がよい。
特に、資金となる税金や融資制度は、お客の方も勉強をしておく必要がある。
しかし、これらの専門知識は内容が煩雑であることが多い。

また、販売会社の良し悪しについては、会社の経営規模の大きさやネームバリューで決める場合も多い。
最近の大手企業の一括システムは、以下の工程を一つの会社で実施する場合が多い。

・マンション建設用地の取得。
・建設プランや設計図の作成。
・建設工事、販売。

一つの会社でなくても、同じ系列での会社で行っている場合が多い。
このような作業は、中小の建築会社とは違い事業計画に余裕がある場合が多い。

一方、中小のマンション建築・販売業者の場合、全ての工程を分割して事業を行う。
大企業も建設や販売コストを押さえることができない場合も多い。
一般的には、大企業の方が販売価格が安い場合が多い。
また、建築現場で問題が生じても、同じ企業内での対応ができるので、フォローが早いというケースも多いのがメリットと言える。

一般的には、設計・施工・監理を一括で行っている大手のマンション業者の方が安心なケースが多いが、それでも注意点はある。
どんな大手の分譲マンションでもトラブルは起こりえるのである。
マンションにかぎらず欠陥住宅は施工時の監理に問題があるといわれている。
監理とはお目付け役。
設計にミスがないか、施工がきちんと行われているか、を常に監督する立場にある。
もし、施工ミスを発見した場合には、通常は工事責任者に不具合箇所を指摘した後に、やり直しを指示する。
現場がその指示に従わない場合には、法的な措置を取る義務があるのが監理の立場である。
現実問題として、トラブルが発生する物件は、そのようなキチンとした監理がされていないケースが多い。
設計・施工・監理を一括して行うと危険な場合もある。

基本的には、施工の間違いは監理がチェックしていき、問題が見つかれば、指摘の後にやり直しをしないといけない。
しかし、その分工期や部材のコストも余計に発生する。
経費が余計にかかることは企業にとっては損失となる、できれば企業としては避けたいことである。
自社の損失となるとわかっていても、あえてやり直しを行う業者こそが、社会的な信用のある会社と言えるが、現実問題としては、全てがそのような企業だけではない。
多くの企業では、ずさんな監理体制を取っているところが多いようだ、そのためにトラブルも多くなる。
やはり最後はお客自分の目で確認することが重要、「自分のマンションを厳しくチェックする」という強い信念をもつことが肝心とも言える。

【静岡 中古一戸建て】 静岡の物件一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


販売センターで見ること・聞くこと。
販売センターに入った瞬間から、様々なチェックを開始する。

販売センター全体のつくりなども重要であるが、まずは、営業マンの接し方、スリッパの並べ方や接客の仕方などのソフト面をチェックする。
次に物件の確認、若い世帯向けのマンションでは、子どもが遊ぶことのできるキッズスペースがあるかどうかを確認する。

マンションでモデルルームで沢山確認できる。
マンションの構造や地盤、周辺環境、学校や病院、ショッピングセンターまでの距離、入居者の年齢層等の重要な情報の確認、他にも、駐車場や駐輪場、ゴミ置き場の場所や広さ、人の動線と車の動線が重なっていないか、も確認しておく。
周辺環境については、建設地の近隣にて駐車場や広い空き地があるかどうかを確認し、もしある場合には、今後の建築計画をチェックする。
できるだけ、販売センターやモデルルームで確認できることは確認しておく、入手できる資料もできるだけ入手しておくのがよい。
戸建やマンションの敷地がかつて沼、川、田んぼだったら警戒

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yseonun

Author:yseonun
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。