FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新築戸建の購入のポイント:高断熱・高気密住宅について & 新築 京都市の紹介



新築戸建の購入のポイント:戸建住宅のメンテナンスについて。



◆建築物件のメンテナンス期間の目安について。
戸建物件を購入して、その後生活をしていく上でどのような費用がかかるのであろうか。今回は住宅の各部分のメンテナンス期間について、どのような目安でいたらいいのか考えてみたい。建物のメンテナンスは小まめに行うことが大切であるが、その建物の立地環境によっても、別途考慮しないといけないものも多い。
意外と手間のかかる建物のメンテナンスであるが、一般的には以下のような目安でメンテナンス期間を考えておくと良い。

・屋根:4~5年毎に点検をする。張替えは10~15年をめど。
・雨樋:3年毎に点検、7~8年をめど。
・外壁:3年ごとに点検、10年をめどに塗り替え。
・建具:2~3年ごとに点検、20年をめどに交換

また、基本的に随時点検が必要なものは、以下がある。
・給排水管:15年をめどに交換。
・ガス給湯器:10年をめどに交換。
・ガス菅:15年をめどに交換。
・床材、壁材:15年で張替え。

建築物についても、人間の健康と同じで早期発見・早期治療が寿命を延ばすコツといえる。小まめに手入れをしておく分だけ、長く使えるのである。

【新築 京都市】 京都市中京区で探す女性のための新築分譲マンション検索(1ページ目):BIGLOBE Kirei Style


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


新築戸建の購入のコツ、最近流行りの住まいについて。
◆高断熱・高気密住宅について。
新築戸建を購入する人のライフスタイルが年々進化すると共に、住宅の建築技術や設備の機能なども高度化してきている。一昔前まで、高機能とされていた住宅も、今では標準機能となっていることも多い。今回は、高断熱・高気密住宅について考えてみたい。省エネ住宅が話題になると、セットで高断熱・高気密住宅の話も付いてくることが多い。省エネ住宅としては、高断熱、高気密であることが必須の条件となりつつある。高断熱、高気密である上に、計画換気が施され冷暖房を行う住居が省エネ住宅としては好ましい。
今では、日本全国で一般的となっているが、元々高断熱・高気密住宅というのは、寒さのき美しい地域が発祥とされている。更に細かくみていくと、断熱の方式には2通りがある、外断熱と内断熱がある。今までは、内断熱が主流であったが、最近では断熱性のよさから、外断熱の人気が出てきている。外断熱とは、家全体を断熱材でくるむことで、気密性を増し、室温を一定状態に保つための工法である。この工法は、今までは施工できる業者が少なかったために比較的高価な工法であったが、最近では一般的となっている。
外断熱の場合には、より高気密となるために、隙間をなくし温かい空気(冬場)や冷たい空気(夏場)を逃さないのが特徴となる。しかし、この高気密には注意点がある。空気の滞留が十分に行われない場合があることである。



換気が一定以上行われれず、酸欠になったり、ハウスダスト、シックハウスの問題が出たりする場合もあるので、計画換気を考慮した住宅設計であることが大切と言える。計画換気を施した建物の場合、暖気や冷機を逃さないで、新しい空気と汚れた空気を交換できるのが特徴となっている。

【三重 中古 マンション】 三重の物件一覧(1ページ目) | ホームズの中古マンション購入
かつては新築と中古マンションの価格差は2~3割程度であったが最近は新築の半額近くで手に入る物件も多い


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yseonun

Author:yseonun
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。