FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新築戸建の購入のコツ、バリアフリー住宅について & 角地の紹介



新築戸建の購入のコツ、最近流行りの住まいについて。
◆バリアフリー住宅について。



新築戸建を購入する人のライフスタイルが年々進化すると共に、住宅の建築技術や設備の機能なども高度化してきている。最近の住宅は高性能化してきており、更に耐久性も上がっている。つまり、若いときに購入してそのまま老齢になるまで使い続ける人も多い。そのため、高齢になった時のことを考えてバリアフリー住宅を検討する人も多いようである。また2世帯同居が理由で、バリアフリーを検討する家庭も多い。このバリアフリー住宅は住宅金融公庫の割増融資の対象になっている。建築予定の住宅について、融資の対象となる基準を満たしているかどうか、確認しておく必要がある。

・高齢者の寝室のあるフロアの居室の段差が無いこと。
・廊下と出入り口の幅が一定以上になっていること。
・浴室の広さが確保されていること。
・階段の形状が規制どおりであること。
・要所要所に手すりをつけること。

このような融資のための条件をクリアすることも大切であるが、更に一歩進んで、要介護者となった場合に、介助者が一緒に動ける広さや、車いすでも生活できる空間の確保をしておく、ということも大切である。

【角地】 福岡の一覧角地一戸建て特集|(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入



新築戸建の購入のコツ、最近流行りの住まいについて。

◆省エネ住宅について。
新築戸建を購入する人のライフスタイルが年々進化すると共に、住宅の建築技術や設備の機能なども高度化してきている。一昔前まで、高機能とされていた住宅も、今では標準機能となっていることも多い。今回は、環境に配慮したエコ住宅について、考えてみたい。

最近、良く聞くようになった「省エネ住宅」であるが、基本的には冷暖房の効率を上げるための、様々な工夫・設備が搭載されている住宅のことを指す。冷暖房の効率を上げるものとしては、断熱材の性能の向上などである。省エネルギー対策は、住宅金融公庫の割増融資の対象という追い風があるため、積極的に利用しようとする購入者が増えてきている。この融資には基準があり、以下を満たしている必要がある。

・断熱材の厚さ。
・断熱材の種類。
・断熱材の開口部の処理の仕様。

更に建築される住戸の地域も判断基準に含まれる。寒さの厳しい地域ほど断熱材の厚さが増した規定となっている。更にサッシについても2重3重のサッシであるなどの規定がされている。



融資を受けたい場合には、自分が住む地域の基準を十分に確認した上で、省エネ住宅の検討をしておきたい。最近は、大手メーカー以外にも中小の住宅業者が省エネ住宅を取り扱っている。省エネ住宅とセットにすると更に熱効率が上がる設備である、例えば、太陽熱給湯システム、オフピーク電力の活用、といったものも設置検討の対象としておきたい。

【一戸建て 金沢市】 金沢市の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入
マンション広告に芸能人を起用すると完売時期を早めることができる?!


この記事が役に立ちましたら、お持ちのホームページやブログに当ページへのリンクを張ってもらえませんでしょうか。どんなリンクでも私たちの役に立ちます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yseonun

Author:yseonun
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。